【バドミントン部男子】 近大に力及ばず

 9月17日、天理大学において、2013年関西学生バドミント秋季リーグ戦第2戦が行われ、関学は1ー4で近大に敗北を喫した。シングルス1で主将・安田(社4)が効果的にスマッシュを決め、フルセットで勝ち切る。この勢いに乗りたい関学であったが残り4戦を落とし1-4で敗れた。これによりリーグ戦通算成績は0勝2敗となった。
試合後のコメント
主将・安田僚(社4)「近大に完敗した。近大は西日本で優勝していて、経験が上で競った試合で勝てる。全てにおいて、関学の方が少しずつ負けていると感じた。次戦は1部に上がってきた天理大と戦うので5ー0で取りこぼさず勝ちたい」

130917bad-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です