【硬式野球部】 開幕2連敗

 9月14日、わかさスタジアム京都において平成25年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦(対関大1回戦)が行われ、関学は4ー6で関大に敗れた。
 初回、先発・井上(経4)が無死満塁の危機から味方の失策で1点を先制されると、投手交代した佐藤(社1)も打ち込まれ、初回だけで5点の大量失点を許してしまう。その後関学は3回に2点、6、7回に1点ずつを奪うも追いつくことはできず、4ー6で開幕2連敗を喫した。
試合後のコメント
竹内監督「初回の失点は大きかったが、よく追いかけてくれたと思う。終わったことは仕方ないし、明日また頑張るだけ」
主将・山崎裕貴(経4)「初回の失点はもっと抑えられたと思う。自分たちのミスでの失点だったこともあり、リズムを崩して悪循環に陥ってしまった。初回以外はむしろ打線もつながって上出来だったので、この流れを明日に持っていきたい」

130914baseball.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です