【庭球部】 女子単ファイナルに関学勢は残れず

 9月7日、大阪府靱テニスセンターにおいて平成25年度関西学生テニス選手権大会の女子シングルス準決勝が行われた。関学は山本みどり(人3)、村上亜利沙(人3)が出場。山本は春大会決勝で敗れた相手と接戦を繰り広げるも1ー2で敗北し、雪辱を果たせなかった。また村上は、準々決勝で今年のインカレ王者を破った相手に最終セットの5ー3から逆転負けを喫し、決勝進出を逃した
試合後のコメント
山本みどり「特にリベンジしたいという気持ちはなかった。もっと自分のペースで展開するべきだったと思う。重要な場面でのサーブがよくなかったので、練習からしっかり取り組んでいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です