【ラクロス部女子】 前回王者撃破で3連勝!

 9月8日、武庫川女子大学公江グランドにおいて第24回関西学生ラクロスリーグ戦3戦目が行われ、昨年の関西リーグ戦優勝校の同大と対戦した関学は12ー7で快勝。リーグ戦無傷の3連勝とし、勝ち点も9に伸ばした。課題を克服し、序盤から攻めた。試合開始のドローを奪うと、AT小畑(総4)のゴールで先制。さらにAT吉田真(経4)、AT後藤咲(社4)が立て続けにゴールを決め一気に4点を奪う。その後徐々に同大に得点は返されたが、関学も攻め続け、前半を7ー3で折り返す。後半直後は相手にリズムをつかまれたが、AT横井(人3)がゴールを奪い、流れを関学に引き寄せると、攻撃陣が同大ゴールに襲い掛かる。リードを着実に広げていき、関学は同大に勝利した。
試合後のコメント
住田行志監督「課題の立ち上がりを克服できた。ドローもしっかり取れたし、先制点から流れに乗れたことが勝因。こだわった1on1も機能したし、自分たちのシュートシチュエーションになった時にはゴールを奪える感じは十分ある。次戦の武庫女大はポテンシャルが高い選手が多く、どんどんゴールに向かって来るので、組織的な守備をして、どれだけ相手の攻撃に耐えられるかが、勝負の分かれ目だと思う」

130908lax-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です