【バスケットボール部男子】 天理大に痛い1敗

 9月8日、天理大学体育学部キャンパス総合体育館にて平成25年度関西学生バスケットボールリーグ戦第2戦(対天理大)が行われ、関学は50ー69で敗れた。序盤から決定力に欠け、10点ビハインドで前半を折り返した関学。第3Q(クオーター)には最大15点差までリードを広げられるが、そこから盛り返し最終Qには一時4点差まで詰め寄る。しかし猛攻を食らい、結果的に19点差を付けられ敗北した。関学のリーグ戦成績は1勝1敗(勝ち点1)となった。
 第3戦(対流科大)は9月14日、14時20分より京都産業大学にて行われる。
試合後のコメント
副将・大上諒(商4)「相手の外国人選手に気を取られていつもと違うプレーになってしまった。最後に点差を広げられたのは自分たちの力のなさだが、第3Qに追い上げられたことはチームの成長だと思うし、次につながる。インカレ出場が懸かる中で下を向いてはいられない。明日の練習からもう一度気合いを入れてまとまり、次の3連戦は3連勝したい

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です