【バスケットボール部女子】 接戦制しリーグ戦初白星!

 9月8日、大阪府立門真スポーツセンターにおいて平成25年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦が行われ、関学は武庫女大に68ー65で勝利した。試合序盤からシーソーゲームを繰り広げ、見事接戦を制した関学。うれしいリーグ戦初白星を手にした。
試合後のコメント
主将・長井裕香(文4)「昨日の敗戦から切り替えて自分たちの走るバスケができていた。今年武庫女大には二度戦って二度とも負けていたが、強い気持ちが前に出て勝つことができた。次戦の相手は日本一の大体大。走り勝つことができれば結果がついてくるはずだ」
ゲームキャプテン・前川千尋(教4)「ディフェンスで粘ることができたのが接戦をものにできた要因。リバウンドを相手によく取られたが、その分全員が守りの意識を強く持ってできたことがよかった。ディフェンスやリバウンド、ルーズボールの奪い合いの精度をさらに上げていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です