【バスケットボール部女子】 開幕戦白星ならず

 9月7日、大阪府立門真スポーツセンターにおいて平成25年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦が行われ、関学は奈産大に56ー59で敗北を喫した。出だしの悪さが響き終始リードされた関学。第4Q(クオーター)で一時は同点に追い付くも、関学のペースに持ち込むことができず初戦を白星で飾ることができなかった。
試合後のコメント
主将・長井裕香(文4)「課題だった出だしが今日も良くなかった。後半はディフェンスから攻撃につないだり、走るバスケができていた。まだ始まったばかりなので、暗くならずにチームが一つになって勝ちにいきたい」
ゲームキャプテン・前川千尋(教4)「相手のリズムに合わせてしまい、自分たちの流れにもっていくことができなかった。練習の成果が半分も出せなかった。力が出し切れていればと思うところもある。明日は絶対に勝つという強い気持ちを持って試合に挑み、ディフェンスで粘って勝ちにつなげたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です