【準硬式野球部】 1点差でリーグ戦を黒星発進

 9月5日、わかさスタジアム京都において平成25年度関西六大学秋季リーグ戦第1節1日目(対立命大)が行われ、関学は2ー3で黒星スタートとなった。2回に先制された関学は4回、連打を放ち同点とする。しかしそこから2点を追加され後がない状態で9回を迎えた。2死無塁の場面で大隈(人3)がバックスクリーンに届くソロホームランを放ち1点差とするも、あとが続かず新チームの開幕戦は敗北から始まることとなった。
試合後のコメント
主将・津田佳佑(経3)「走塁やバッテリーのミスが大きかった。しかしそれでも粘って点を取ることができたので、自分たちのチームでも十分に戦えることが分かった。明日は先に点を取って、投手を楽にしてあげたい。また、今日出たミスが出ないように明るく勝ち目指して頑張っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です