【バドミントン部男子】 西日本インカレベスト8

 8月26日、熊本県立総合体育館において、第53回西日本学生バドミントン選手権大会団体戦が行われた。関学は2回戦の岡山大、3回戦の熊本学園大に3ー0で圧勝。続く4回戦の準々決勝では第1シードの金沢学院大と対戦。フルセットの接戦も見られたが、取り切ることができずに0ー3で敗れ、ベスト8で敗退した。
試合後のコメント
主将・安田僚(社4)「悔しい。準々決勝はあの場面でもう1本取っておけば良かったと悔やまれる、そんなもう一息の試合だった。夏休みは西日本で優勝するために、幹部でほぼ毎日ミーティングをしてきて練習メニューも考えてきた。その分悔しさが募る。この悔しさをまずは個人戦に生かして、リーグ戦やインカレにもつなげていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です