【陸上ホッケー部男子】 3失点巻き返せず聖泉大に敗北

 8月24日、天理親里ホッケー場において第41回西日本学生ホッケー選手権大会決勝トーナメント1回戦が行われ、聖泉大と対戦した関学は2ー3で惜敗した。前半開始すぐにPC(ペナルティーコーナー)から失点を許すが関学もすぐにPCから得点し試合を振り出しに戻す。しかし後半6分、12分にまたもPCから失点し、点差を広げられてしまう。関学も同33分に追加点を決めるも、巻き返しを図ることができず2ー3で敗れた。
試合後のコメント
主将・岸本浩樹(経4)「相手の力の方が上だった。フリーで打たれるシーンが多いなど、相手ペースにさせてしまった。攻撃の場面でもミスが多く、フォワードだけで攻める単調な攻めになっていた。その結果ずっと追い駆ける苦しいゲーム展開になってしまったので、次の7位決定戦では流れを引き寄せるプレーをし、勝って締めくくりたい」

130824hoccey-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です