【陸上ホッケー部女子】 強豪天理大相手に初得点!

 8月24日、天理親里ホッケー場において第41回西日本学生ホッケー選手権大会決勝トーナメント1回戦が行われ、天理大と対戦した関学は1ー4で敗戦を喫した。春季リーグでは天理大に前半だけで3失点を許した関学。しかし今回は前半を無失点に抑える粘りを見せる。後半はPC(ペナルティーコーナー)などから続けて4失点するも、同30分にPCからPS(ペナルティーストローク)を獲得し、DF藤本(総3)が確実に決め天理大相手に初得点を挙げた。試合はそのまま終了し1ー4で敗れるも、成長の証を見せる結果となった。
試合後のコメント
主将・片山梨乃(総4)「これまでの中京大戦や聖泉大戦に比べ、攻撃のチャンスが少なく、まだまだ力の差が見られた。でも前半を無失点で抑えることができたり、PSから得点することができたりと、以前よりも進歩できていたと思う。敗北し悔しさは残るが、いい形で今日の試合を終えることができ、次が見える試合になった」

130824hoccey-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です