【ソフトテニス部】 女子ベスト8進出

 8月3日、山形市総合スポーツセンターテニスコートにおいて第67回文部科学大臣杯全日本大学対抗ソフトテニス選手権大会か行われ、関学は男子が3回戦敗退、女子がベスト8進出を決めた。女子は明日、第1シード校の強豪・早大とのベスト4をかけた戦いに挑む。
試合後のコメント
主将・今村琢磨(人4)「結果だけ見たら男子は3回戦で惨敗してしまったが、1本1本は互角に競り合えたと思う。この1年主将としてチームをまとめて、『気持ちで勝てず、実力を出し切れない』という課題を克服しきれなかったので、その点を次の代ではしっかり克服していってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です