【水上競技部水球パート】 関西2位で全日本インカレ出場決定!

 7月7日、京都大学プールにおいて平成25年度関西学生水球選手権対京大、対立命大が行われた。勝利した方が全日本インカレ出場となる京大戦。会場は京大の大声援で包まれ完全にアウェーでの戦いだった。それでも関学は試合に集中し、笹川(文3)らのゴールにより前半を7-5で折り返す。続く後半も主将・山田(人4)を中心に京大ゴールに攻め入った。関学が試合巧者のまま終了のブザーが鳴り、10-8で勝利。全日本インカレ出場を決めた。関西制覇をかけた立命大戦では第1P(ピリオド)で3-4と互角の展開を見せるも、第2P以降はスタミナが尽きてしまった関学。4-23で敗れ、関西準優勝となった。
試合後のコメント
主将・山田基貴「全日本インカレへの出場が決まりホッとしている。プレッシャーはあったが、それが良い緊張感になっていた。予選の出来は100点満点で55点くらいしか挙げられないが、チームとしても個人としても成長できた。全日本インカレまではまだ時間があるのでしっかり練習していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です