【ボート部】 男子ダブルスカルで学生3位

 7月7日、大阪府立漕艇センターで平成25年度関西選手権競漕大会の2日目が行われ、一般男子ダブルスカルで関学クルー{S:坂井(商3)、B:八ツ繁(商4)}が全体の4位、学生の中では3位に入った。大会1日目の全日程が強風の影響で中止されたため、この日は全種目が1発勝負のタイムレースとなった。社会人も参加する今大会で坂井、八ツ繁組は予選1組で3着となり、タイム順では大学生クルーの中で3番目に速かった。
▼関学勢の成績は以下の通り。(順位は全て社会人クルー込みのもの)
○一般男子シングルスカル(全42艇)
・関学A{小坂(商2)}:7分54秒59で12位
・関学B{井手(社3)}:8分17秒32で26位
○一般女子シングルスカル(全29艇)
・平松(経2):10分14秒96で28位
○一般男子ダブルスカル(全34艇)
・関学{S:坂井、B:八ツ繁}:7分32秒56で4位
○一般女子ダブルスカル(全19艇)
・関学A{S:原(法4)、B:井藤(社3)}:9分34秒27で14位
・関学B{S:中村(法2)、B:森本(人4)}:9分55秒10で16位
○一般男子舵手付フォア(全20艇)
・関学{C:石橋(経4)、S:原田(社2)、3:田中(経4)、2:若崎(商1)、B:唐沢(理2)}:8分13秒41で18位
試合後のコメント
主将・八ツ繁知義「レースが始まるころに波が逆流になり出したので、まだ波が小さい1組目だったことは有利に働いた部分がある。強豪ぞろいの組なのでスタートからスピードを出すつもりでいて、(同組1着で優勝した)立命大に最初は食らいついたが、中盤で2人のリズムが合わなくなり、体力的にきつくなった。ペース配分がうまくいけばあと10秒は速かったと思う」
副将・坂井和樹「タイムレースになり吹っ切れて、リラックスしてやろうと話していた。4位だが、もしタイムレースではなかったら決勝進出は無理だったかもしれない。ダブルのクルーとして練習する期間が短かった。2人でもっと合わせられたらより上にいけたと思う。今回のレースで日ごろできないことは試合でもできないと改めて痛感した。できていない部分を人並みのレベルまで引き上げ、良い部分はもっと伸ばせるように練習で意識していきたい」

20130707boat.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です