【水上競技部水球パート】 3試合ぶりの白星!

 7月6日、京都大学プールにおいて平成25年度関西学生水球選手権対大阪府立大学工業高等専門学校が行われた。関学は第1P(ピリオド)で1-3と出遅れるも、第2Pからはチーム全員で声を掛け合いゲームを組み立て直した。ディフェンスの要・沓脱(総3)を中心に第2P以降は2失点で抑えた。また、攻撃では橋田(経1)のアシストから主将・山田(人4)、吉田(経3)らが得点を重ね14-5で快勝した。ここ3試合、勝利から遠ざかっていたが、この試合で息を吹き返した関学。明日の京大戦に勝てば全日本インカレ出場となる。
試合後のコメント
沓脱真「以前勝っていた相手だったので慢心があり第1Pは1-3というスコアになってしまった。第2Pからはチーム全員で気持ちを入れ直したため逆転することができ、差を広げることができた。明日の京大戦に勝てばインカレ出場となる。例年出場しているので先輩たちが積み上げてきた歴史に泥を塗らないよう絶対に勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です