【馬術部】 得意の馬場で高得点獲得!

 6月29日、三木ホースランドパークにおいて、第38回関西学生複合馬術大会及び第56回関西学生賞典総合馬術大会が行われた。馬場馬術競技Bでは水野(経4)×月翔組が優勝、青山(社2)×月若葉組が準優勝と関学勢が得意とする馬場競技で本領を発揮。また、明日の障害飛越競技と今日の馬場馬術競技の合計点で競われる複合馬術競技では、馬場馬術競技で近藤(法4)×月楓組が1位となり、好調のスタートを切った。明日は障害飛越競技を中心に行われる。
試合後のコメント
主務・近藤綾乃「上位に入った選手が多く、チーム一丸となって戦うことができた。数年前まで関学の強みは馬場馬術競技といわれ、練習でも馬場を強化していたので他大に比べると得点を取りやすかった。個人的には馬場馬術で1位という結果で明日の障害飛越競技に挑むが、今日の結果はパートナーである馬と周りの人たちのサポートあってのものだと思う。このまま明日も減点0で競技を終え、優勝して、関学の得点に貢献したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です