【水上競技部水球パート】 インカレ予選まさかの2連敗

 6月30日、京都大学プールにおいて平成25年度関西学生水球選手権対京大、立命大が行われた。京大戦では点を奪い合うシーソーゲームとなった。第4P(ピリオド)終盤に相手に2連続得点を許し9-10で敗北した。続く立命大戦では序盤から昨年の関西王者を相手に必死に食らい付くも、次第に点差を広げられてしまう。関学は見せ場を作ることができずに試合終了。6-25で完敗を喫した。
試合後のコメント
主将・山田基貴(人4)「京大戦は勝てた試合だった。そういう試合を落としてしまって悔しい。来週も京大と試合するので絶対に勝つ。立命大戦では個の差がはっきりと付いた。攻撃陣がシュートを決め切るか、外してしまうか。守備陣が相手に厳しくプレスできたか、できないか。今回出た課題を少しでも修正して来週の試合に生かしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です