【ボクシング部】 立命大を圧倒し1部残留!

 6月30日、関西大学ボクシング場において第67回関西学生ボクシングリーグ戦入替戦が行われ、関学は7ー2で立命大に勝利し1部残留を決めた。リーグ戦を最下位となり、負ければ2部降格の危機にさらされた関学。しかし選手は遺憾なく力を発揮した。1ー1からバンタム級・田鍋(総4)がダウン2つを奪った末に勝利すると、勢いに乗った関学は立て続けに白星を挙げる。終わってみれば7ー2の大差で勝利し、1部残留となった。また、4年生は今試合で引退となった。
試合後のコメント
主将・高木利典(経4)「残留が決まってほっとしている。リーグ戦で最下位になり、今までの練習では駄目だとみんなわかったと思う。関学は持っているものはすごいけど発揮しきれていないので、後輩たちにはもうひとふんばりしてほしい。ボクシング部に入って4年間、自分の足りない部分を見つけられた。支えてくれた下級生たちにありがとうと言いたい」

130630boxing.jpg

SNSでフォローする
Comments (2)
  1. 匿名 より:

    一原監督バンザイ

  2. 本多 より:

    ボクシング部の皆さんお疲れさまでした
    一部残留を知ってホッとしました
    4回生は4年間お疲れさまでした
    選手その他部員の皆さんもゆっくり休んで下さい
    09卒本多

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です