【ソフトテニス部】 西日本インカレ女子準V、男子ベスト8

 6月29日、宇部マテフレッセラテニスコートにおいて平成25年度西日本大学対抗ソフトテニス選手権大会が行われた。女子は決勝戦でライバル・関大に敗れるも、準優勝に輝いた。一方男子は、王座2位の中京大に敗北しベスト8に終わった。
試合後のコメント
主将・今村琢磨(人4)「福岡大戦まではいいテニスができていたが、中京大戦では自分たちのテニスをさせてもらえなかった。力の差を感じたが、もっと向かっていけたと思う。明日からは個人戦が始まるので、1つでも多くのペアが2日目に残れるようにしたい」
女子主将・西村友希(社4)「今回はトーナメントでしんどい位置に入っていたから、ここまで来れるとは思っていなかった。一番の山場となったのは中京大戦。その前の千里金蘭大戦もだが、由田(経3)・福山(文4)ペアがよく頑張ってくれた。決勝戦は相手がライバルである関大だったから勝ちたかった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です