【水上競技部水球パート】 勝ち越し弾は遠かった

 6月29日、京都大学プールにおいて平成25年度関西学生水球選手権対阪大が行われた。関学は流れがつかめず第1P(ピリオド)から3-4とリードを許す。主将・山田(人4)などのゴールにより第2Pには同点に追い付くもののその後、勝ち越すことができず、9-9で試合は終了した。

試合後のコメント
山田基貴「負けに近い引き分け。チーム全員の動き出しが遅かった。その一瞬の遅れが相手ディフェンスを楽にしてしまい迫力ある攻撃ができなかった。明日は宿敵・立命大との対戦なので一層の気合いを入れて戦いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です