【バレーボール部】 西日本インカレ準優勝

 6月23日、兵庫県立総合体育館において2013年度第39回西日本バレーボール大学男子選手権大会が行われ、見事準優勝に輝いた。関学は準決勝で甲南大と対戦。フルセットの接戦となるも、第5セットは流れをつかんだ関学がセットを奪いセットカウント3ー2で勝ち抜いた。近大との決勝戦は相手に主導権を握られ、2セットを落とす。後がない第3セットでは、2度のマッチポイントを握る好機もあったが逆転を許し、25ー27。セットカウント0ー3で敗れ、惜しくも優勝を逃した。
試合後のコメント
主将・上野広将(人4)「優勝したかった。決勝戦は関学の力不足だったし、近大の強さを実家した。けれど、この西日本インカレではみんな声が出ていたし粘り負けしなかったのが良かった」

130623volley.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です