【陸上ホッケー部女子】 王座決定戦1回戦逆転勝利

 6月22日、岐阜県グリーンスタジアムにおいて、第32回全日本大学ホッケー王座決定戦1回戦が行われ、関学は中京大相手に3ー2で勝利した。前半20分、FW阿部(教3)がゴール前でボールを押し込み先制点を奪う。その後、相手にPSO(ペナルティーストローク)のチャンスを与えてしまった関学だがGK馬場(総2)の好守で何とか前半を無失点で抑える。しかし、1ー0で迎えた後半開始早々に相手に同点弾を決められ、同20分にもPC(ペナルティーコーナー)から失点。逆転を許してしまう。だが、後半残り5分となり、佐野な(文2)のPCからのゴールで試合を振り出しに戻した関学は、後半34分に再 びPCから佐野ながヒットシュートを決め、見事逆転勝利した。これにより、関学は明日11時20分より岐阜県グリーンスタジアムにて立命大との2回戦に挑む。
試合後のコメント
主将・片山梨乃(総4)「前半に1点を取れたのはよかった。ラスト10分でリードされていたのでだいぶ焦ったが、FW堀(総1)のドリブルで、流れを変えることができた。明日の相手は強豪校だが、気持ちで負けず、去年よりもいい成績を残したい」
2得点を挙げた佐野ななみ「とにかく点を決めることができてうれしい。点数的に相手にリードされている時間帯でも追い付ける自信があった。明日は相手関係なく、自分たちのプレーをし、勝ちにいきたい」

130622hoccey.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です