【水上競技部水球パート】 インカレ予選始まる

 6月22日、京都大学プールにおいて平成25年度関西学生水球選手権対大阪府立大学工業高等専門学校が行われた。昨年20点差を付けてコールド勝ちした相手であったため、今回もコールド勝ちの期待が高まっていた。しかしいざ試合が始まると2点を先取される展開に。初めは関学も動揺したが、主将・山田(人4)を中心に声を出し合い落ち着きを取り戻した。第1P(ピリオド)で3点を奪い返し、その後も順調に得点を積み重ねた関学。コールド勝ちとはならなかったが11ー4で勝利した。
試合後のコメント
主将・山田基貴「まだまだ得点できた。自分たちは体が重く、キレのある動きができなかった。また明日も2試合あるので全員が気を引き締めてどちらも絶対勝ちたい」

130622waterball.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です