【バドミントン部女子】 Bで準優勝

 6月20日、大阪市立東淀川体育館にて第63回関西学生バドミントン選手権大会(第6日)が行われた。シングルスBで野条(人3)が準優勝、ダブルスBでも野条・松瀬(文2)組が準優勝を果たした。
試合後のコメント
野条さりな「今のレベルの現状がわかった。目標としてた優勝には届かなかったけど、この結果を受け止めるしかない」
松瀬梨佳「悔しい。この結果に満足していない。決勝戦は最後まで自分たちのペースに持っていけなかったし、守ってしまった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です