【バレーボール部】 ストレート勝ちでトーナメント戦に駒を進めた

 6月20日、ベイコム総合体育館において2013年度第39回西日本バレーボール大学男子選手権大会グループ戦が行われ、九州産業大と対戦した関学はセットカウント2ー0で勝利した。第1セットを25ー15と大きく引き離し快勝した関学だが、第2セットで一時相手に逆転を許してしまう。しかし、再び逆転に成功した関学が25ー22で接戦をものにし、セットカウント2ー0。九産大を破り、明日からのトーナメント戦へと駒を進めた。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です