【ラクロス部男子】 まさかの敗戦

 6月14日、関学第3フィールドにおいて、第36回総合関関戦が行われ、関学は関大に7ー11で敗れた。関学は第1Q(クオーター)から積極的に攻め、AT吉野(経4)がいきなりハットトリックを決めるなど5ー1で第2Qに向かう。しかし、ここから関大の猛攻撃に合い、第2Qに2点、第3Qに3点を奪われ、逆転を許す。再逆転を目指した最終Qも相手にペースを握られ、リードを広げられる。再び追い付くことはできず、7ー11で関大に敗れた。
試合後のコメント
主将・井上達貴(経4)「試合の入りは良かったが、後半になかなか追加点が挙げられなかったのが敗因。悪い流れのときに弱気になったことで、相手に足元をすくわれた。攻撃陣も吉野以外がもっと頑張らないといけない。この敗戦でチームを作り直す良い機会だと思って、リーグ戦までに建て直していきたい」

36kkgamelax-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です