【陸上ホッケー部男子】 試合終了間際のゴールで劇的勝利!

 6月13日、関西学院大学第3フィールド(アメリカンフットボール場)にて第36回総合関関戦が行われ、関学は2ー0で勝利し、関関戦6連勝を果たした。先制点を奪い流れに乗りたい関学は前半、果敢に攻めゴールチャンスを作るも、関大の守備に阻まれ得点にはつながらず、両者無得点で前半を終える。後半に入ってからも激しい攻防戦が続き、苦しい時間帯が続く。しかし残り4分にしてFW佐藤(理4)がゴール前で相手を上手くかわし、待望の先制点を奪う。そのまま試合終了かと思われた同35分、PC(ペナルティーコーナー)のチャンスでFW神光(経3)がさらに追加点を決め、2ー0で劇的勝利を収めた。
試合後のコメント
主将・岸本浩樹(経4)「前半と後半の先制点が決 まるまでゴール前でチャンスを作りながらもなかなか点数に結びつかなかった。1点入れば流れに乗ることができると思っていたが先制点を決める時間帯が遅くなってしまった。しかし、4年生にとっては最後のホームでたくさんの人が応援に駆け付けてくれて、盛り上がることができた。陸上ホッケー部として関学の総合関関戦5連覇達成にも貢献することができたのでよかった」
FW佐藤亘「今年も総合関関戦は接戦になった。ずっと無得点で同点の時間帯が続いたが、最後まで諦めずにやったことが先制点につながった。今日は楽しもうという気持ちで試合に挑むことができたし、応援の声も心強かった。観客の人を感動させられる試合ができたかなと思う」

36kkgamehoccey-m.JPG

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です