【ボクシング部】 敗北も気迫見られた!

 6月9日、関西大学ボクシング場において第67回関西学生ボクシングリーグ戦第4戦が行われ、関学は3ー6で龍大に敗北した。前回の同大戦では後ろ向きなプレーが目立った関学だが、龍大戦では一転して強気の姿勢で臨み熱戦を繰り広げた。結果、勝利はライト級・小薮(理2)らの3勝のみで敗北となったが、バンタム級・平山(経1)、ライトウェルター級・鄭(法1)ら下級生の奮闘も見られ最終戦に向け価値ある試合内容となった。
試合後のコメント
主将・高木利典(経4)「みんな個々の気持ちを見せてくれた。それでも負けは負け。最終戦は9ー0で勝ちに行く」

130609boxing.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です