【アイスホッケー部】 関西準優勝

 6月9日、関西アイスアリーナにおいて第5回関西カップ決勝戦(対関大)が行われ、関学は関大に2ー8で敗北した。
 第1P(ピリオド)、立ち上がりから関学ペースのチームは、FW千徳(経2)のゴールで先制点を得る。その後、失点を許すも第1Pを同点で折り返す。第2P、立て続けに2失点。同11分にFW中野渡(国2)のミドルシュートで得点差を縮めるも、さらに2失点。最終P、関大が関西王者の強さを見せ、3失点。2ー8で敗北し、関学は関西カップ準優勝に輝いた。
試合後のコメント
主将・夏野卓也(社4)「勝ちにいきたかった。立ち上がりはよく動けていて良かったが、試合が進むにつれて、思うような動きができなくなった。次の関関戦では、2P3Pでも関学のホッケーをできるようにしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です