【射撃部】 1点差で関関戦制せず

 6月2日、関西学院大学射撃場において第36回総合関関戦前哨戦が行われ、1702ー1703で関大に惜敗した。

試合後のコメント
主将・藤井一毅(文4)「とても悔しい結果となったが、何年も勝てていない関大相手に1点差まで迫れたことは進歩だと思う。(2週間後に行われる)西日本大会まで期間は短いが、ひとりひとり出来ることを行い、チーム一丸となって団体3位以内を目指したい」

130602gun.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です