【アイスホッケー部】 決勝戦進出!

 6月2日、関大アイスアリーナにおいて第5回関西カップ準決勝2回戦が行われ、関学は立命大に1ー3で敗北した。
 準決勝は2回にかけて行われ、昨日関学は立命大に5ー0で勝利している。今日の試合結果で決勝進出が決まる大一番。
 立命大の激しいチェックにより相手のペースで試合が進む。第1P(ピリオド)で2失点すると、第2Pでもなかなかペースをつかめず、さらに失点。0ー3で迎えた最終P、両校共ペナルティーを取られる回数が増える。試合終了14秒前、FW永井(文1)のシュートが決まり、得点差を縮めるも試合終了。関学は立命大に1ー3で敗北した。
 関学は準決勝を1勝1敗で終えるも、得失点差により決勝進出が決定した。決勝戦は9日、関大アイスアリーナにおいて15時15分から行われる。

試合後のコメント
主将・夏野卓也(社4)「フォアチェックがしっかりできていなかった。昨日の立命大の悪いプレーが今日は関学に見られた。決勝では攻守の切り替えでカウンターを狙っていきたい」

130602iceh.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です