【陸上ホッケー部女子】 創部初の決勝トーナメント、実りある試合内容に

 6月1日、天理親里ホッケー場において平成25年度関西学生ホッケー春季リーグ、決勝トーナメント準決勝が行われ、関学は天理大に0-4で敗戦を喫した。前半5分、相手に先制点を許し、その後もPC(ペナルティーコーナー)などで2点を奪われる。後半6分にまたもゴールを決められた関学。ここから追い上げを図り、ゴール前までボールをつなぐも相手の守備に阻まれ、無得点のまま試合を終えた。明日は3位を懸け、天理親里ホッケー場において11:00から中京大と対戦する。
試合後のコメント
主将・片山梨乃(総4)「スピードが速くフィジカルも強い相手だったが、これまで自分たちがやりたいと考えてきたプレーをすることができた。結果は負けてしまったが、内容としては悪くない試合だった。明日の中京大戦はどちらが先制点を取るかが重要になると思う。勝って、総合関関戦や全日本王座にいい流れを持っていきたい」

130601hoccey-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です