【庭球部】 関学勢が躍動

 6月1日、大阪府靭テニスセンターにおいて平成25年度関西学生春季テニストーナメントが行われた。男子ダブルス準決勝には鈴置(経3)・菊本(経2)組が出場。第1セットを落とし、第2セットもサービスゲームをキープし切れず相手に奪われる。セットカウント0ー2で敗北となったが、ベスト4と結果を残した。また、女子シングルス準決勝に出場した山本(人3)は第1、2セット共にタイブレークにもつれ込む接戦を制しセットカウント2ー0で勝利。決勝へと駒を進めた。
試合後のコメント
決勝進出を果たした山本みどり「相手が素晴らしいテニスをしていたので、自分はできることをしようと思った。第1セットを接戦で取れたので、第2セットも自信を持てた。ラストの決勝戦は楽しんでやりたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です