【サッカー部男子】 惜しくも決勝進出ならず、3位決定戦へ

 5月29日、大阪長居第2陸上競技場において、2013年度第42回関西学生サッカー選手権大会準決勝対大体大戦が行われ、関学は0ー2で敗北した。関学は大体大と5月12日の前期リーグ第7節で対戦しているため今シーズン2度目の対戦だった。相手の攻撃パターンをしっかり分析していた関学。ディフェンスラインは集中し無失点で前半を折り返した。しかし、後半12分に関学は大体大にフリーキックからヘディングシュートを決められ先制点を許してしまう。同42分にも追加点を決められ0-2で試合終了し、決勝進出を逃した。桃学大との3位決定戦は6月1日、11時から大阪長居スタジアムにおいて行われる。
試合後のコメント
主将・MF平川直人(人4)「前期リーグで1度対戦していたので、お互い手の内は分かっていた。同じ相手に2度も負けたのは悔しいが、切り替えて明日からまたしっかり練習していきたい。(3位決定戦に進むことに関しては)勝たないとここまで来た意味が無いので絶対に勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です