【ハンドボール部女子】 天理大に逆転負け、1部昇格ならず

 5月18日、大阪大学において平成25年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦1部入れ替え戦が行われ、関学は20ー24で天理大に敗れた。試合開始直後に4点リードを奪った関学。しかし前半20分にエース・櫻井(教3)が負傷退場した後は天理大の猛攻に点差を縮められ11ー10の僅差で試合を折り返す。後半、逆転を許すも食らいつき4度同点に追いつくが点差は徐々に開き試合終了。20ー24で敗北し、念願の1部昇格はならなかった。次は秋季リーグ戦での入れ替え戦出場を目指す。
試合後のコメント
加藤庸光総監督「スタミナが足りない。リベンジは秋。走り込みとパス回しを時間をかけてやっていく。もっと速い正確な走りとパスワークができれば何も怖くなくなる」
主将・山田千紗澄(商4)「序盤にもうちょっと点を取りたかった。秋までに体力と基礎を固めていく。秋こそは1部に昇格したい」

130518handball-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です