【アイスホッケー部】 大量得点で龍大に勝利!

 5月14日、関大アイスアリーナにおいて第5回関西カップが行われ、関学は7-1で龍大に勝利した。第1P(ピリオド)、宮原(国2)の得点で先制すると、第2P、2分にも宮原が、相手キーパーの防御のため倒れ込み空いた隙を見逃さず、丁寧にゴールを決め、2-0。その後、3分に永井(文1)、14分に中村(社1)が得点し、大きくリードする。第3P、KP(キルプレー=数的不利な状況)で守り切れず、失点を許すものの、その後は高橋理(社3)、咄下(神4)、川森(文3)がゴールを決め、7-1で龍大に勝利した。
試合後のコメント
主将・夏野卓也(社4)「第1P序盤は龍大の運動力に圧倒されたが、試合が進んでいく中で関学のペースに持ち込み、点数に繋げることができてよかった。合計シュート数が101本とかなり多く、シュートするまでの形ができていた。ゴールチャンスが増えたということなので次にしっかりつなげていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です