【バドミントン部男子】 最終戦を白星で飾る

 5月13日、大阪市中央体育館にて平成25年度関西学生バドミントン春季リーグ戦大会第5戦(対立命大)が行われた。関学は3ー1で勝利した。シングルス1で先制を許した関学だったが、その後は相手を圧倒。3試合連続で勝利を収め、3ー1で勝利した。
試合後のコメント
副将・城野雄太(経4)「順位は決まっていたが、それを意識せず勝ちにいこうと声をかけた。シングルス2で取れたことが一番のポイントだった。それぞれが自分が勝たないといけないという気持ちを強く持って戦わないといけないと思った」

130513badminton.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です