【射撃部】 小武家悔しさ残る6位

 5月12日、大阪市能勢町国体記念スポーツセンターにおいて、第60回春季全関西学生ライフル射撃選手権大会が行われ、小武家(商2)が6位入賞。ルール改正が行われた今大会、上位に入ることはできず悔しい試合結果となった。
試合後のコメント
主将・藤井一毅(文4)「次の西日本大会ではよりよい結果が残せるように、レギュラーをもっとサポートできるような雰囲気を作っていきたい」
小武家裕介「優勝するのが目標だった。緊張はしなかったが、肝心なところで決めきれないのがよくなかった。次の試合では絶対に勝ちたい」

130512gun.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です