【バレーボール部】 フルセットの末敗北

 5月12日、大阪商業大学において2013年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦第9戦(対京産大)が行われ、フルセットの末2ー3で敗北した。関学は第2、3セットを奪ったが第4セットを落としファイナルセットに突入する接戦に。だが最後は京産大が勢い付き、流れを持っていかれ12ー15で敗れた。これでリーグ戦通算成績は4勝5敗となった。
試合後のコメント
主将・上野広将(人4)「自滅してしまった。2セット目を大量リードで取って、3セット目も取ったのでみんな気が緩んでしまった。敗因は精神的な問題。次戦勝つためには今日の反省を生かして、勝っていても油断しないでいられるかがポイントになってくる」

130512volley.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です