【サッカー部男子】 1-2で敗れ、連勝は3でストップ

 5月12日、JーGREEN堺メインフィールドにおいて、2013年度第91回関西学生サッカーリーグ(前期)1部第7節対大体大戦が行われ、関学は1-2で敗北した。前半24分に大体大に先制を許したものの、主導権は関学が握っていた。だが、MF泉(経3)やMF小幡(商3)がサイドを崩しチャンスを作るも、決め切ることができない。さらに後半32分に追加点を決められ、厳しい展開に。同45分に途中出場のMF永澤(社4)が意地のゴールを決めたが、同時に試合終了。1-2で敗れて連勝は3でストップした。次の公式戦は5月18日、関学第4フィールドにおいて2013年度第42回関西学生サッカー選手権大会3回戦を戦う。
試合後のコメント
主将・MF平川直人(人4) 「試合内容は自分たちが勝っていた。それでも、得点をしないと勝てない。それがサッカーの厳しさ。自分たちのサッカーはできているから、後は精度を上げるだけ。自信を持ってやっていきたい」

130512soccer-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です