【バドミントン部女子】 快勝で最終戦へ

 5月8日、大阪市中央体育館にて平成25年度関西学生バドミントン春季リーグ戦大会第4戦(対関大)が行われた。関学は4ー1で勝利した。シングルス1、2を終え1ー1の関学はダブルスで相手を圧倒。ダブルスを2本とも取り勝利を決めると、シングルス3でも勝利し、4ー1で快勝した。
試合後のコメント
女子リーダー・森賀佳奈(人4)「前の立命大戦で負けて、全体ミートを行ったことでまとまってこの試合に臨めた。みんなが相手に挑む気持ちで戦えたことが良かった。次の龍大戦はみんなが全力を出せば互角に戦えるので、悔いなく戦いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です