【ヨット部】 関カレで上位独占

 5月4、5日、新西宮ヨットハーバーにおいて2013年度関西学生ヨット春季選手権大会が行われ、関学は470級で神木(経2)・疋田(経3)組、スナイプ級で小栗(商4)・誉田(教1)/喜田(人1)組が優勝。また関学の多くの艇が6位以内の入賞を果たした。
【関学勢の成績】
470級
1位 神木・疋田組 16点
2位 松浦(人2)・中川(社4)組 45点
4位 西尾(国4)・庄野(文2)組 68点
6位 俣江(経4)・甲斐(経1)/中村(法2)組 74点
スナイプ級
1位 小栗・誉田/木田組 21点
2位 樫原(人4)・佐野(経2)組 32点
3位 舟木(商3)・難波(社4)組 35点
試合後のコメント
470級で優勝した神木・疋田組「悲願の優勝が達成できてよかった。安定した走りができた。けれどまだまだこれから。細かいミスを無くしていけたらもっと失点を抑えられるだろう」
スナイプ級で優勝した小栗・誉田/喜田組「1年生と4年生のペアだったが、お互い対等な立場で意見を言い合えたことが結果につながった。再来週にある関関同立定期戦に向けて良い弾みをつけることができた」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です