【バスケットボール部男子】 全関西2年連続準V

 5月5日、大阪市立東淀川体育館にて第40回関西学生バスケットボール選手権大会決勝が行われ、関学は近大に64ー84で敗れ2年連続の準優勝で大会を終えた。序盤から相手選手の高さに苦しんだ関学。それでも相手のファールにつけこみ得点するが、そのたびに取り返されてしまい流れを引き寄せられない。そして50-60で迎えた第4Q(クオーター)にだめ押しを食らい力尽きた関学。昨秋のリーグ戦覇者の壁は高かった。
獲得タイトル
優秀選手賞:渡邊翔太(人2)
敢闘賞:井上大志(商3)
試合後のコメント
主将・田中芳樹(人4)「今日は内容が良くなかった。大きい選手のいるチームとの戦いは今後の課題。一つ一つ関学らしいプレーができるよう、練習を積んでいこうと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です