【ソフトテニス部男子】 惜しくも2部残留

 5月4日、同志社大学において関西学生ソフトテニス春季リーグ戦が行われ、関学は大体大に3ー2と接戦の末勝利をものにするも、近大に2ー3で敗れ、2部リーグ2位という結果に終わった。
試合後のコメント
主将・今村琢磨(人4)「昨日と違って簡単には勝たせてくれない相手だったが、気持ちの面でのっていけなかった。来週のダブルスの試合では、1部の大学とも対抗できることを証明したい。応援など、全員で戦いたい」

130504softtennis.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です