【バスケットボール部男子】 大経大破り準決勝へ

 5月3日、東淀川体育館にて第40回関西学生バスケットボール選手権大会準々決勝が行われ、関学は84-64で大経大を破り準決勝進出を果たした。
前半は流れをつかめず相手に押される展開となった。しかし後半守りから流れを取り戻し、インサイドを中心に得点を重ね第3Q(クオーター)残り3分に逆転に成功。そのまま関学ペースで試合は進み、84-64で大経大に勝利しベスト4入りを果たした。次戦は明日(4日)東淀川体育館にて13時40分より準決勝(対天理大)が行われる。

試合後のコメント
主将・田中芳樹(人4)「前半はチームの甘いところが出てしまった。だが、控えのメンバーが頑張ってくれたので第3Q以降は関学ペースに持ち込むことができた。明日も苦しい戦いになると思うが今日のような試合ができれば勝てるはず。全員バスケで頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です