【硬式野球部】 同大から勝ち点奪えず

 4月28日、南港中央球場において平成25年度関西学生野球連盟春季リーグ戦が行われ、関学は同大に0ー1で敗れ、勝ち点を逃した。
 初回、先発・宇都宮(経2)が二塁打を許すと、味方の失策も絡み1点を先制される。その後は緊迫した投手戦が続き、両者無得点のまま試合は終盤へ。関学は9回に2死三塁と同点の好機を作るも籾山(経4)が凡打に倒れ試合終了。惜しくも勝ち点を奪うことはできず、これで関学の連覇達成は絶望的となった。

試合後のコメント
竹内監督「宇都宮はよく投げている。初回に点を入れたかったが、空回りして逆に相手に得点されてしまった。選手一人一人に工夫が足りないから好機で打てないのだと思う。優勝は厳しくなったが、残りの試合でも暴れまくって勝ち点を取りに行きたい」
主将・山崎裕(経4)「ロースコアの試合になるとは思っていた。同大の投手がよかったこともあるが、打撃に積極性が足りなかった。とにかくこちらが得点できなかったことが敗因。ここまで自分が結果を出せていないので、主将として結果を出してチームを引っ張っていきたい」

130428baseball.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です