【バスケットボール部女子】 昨年リーグ戦王者に敗れ4回戦敗退

 4月28日、奈良学園登美ヶ丘キャンパスにて第34回全関西女子学生バスケットボール選手権大会4回戦(対大人科大)が行われ、関学は56-88で敗北した。守備から流れを作り、C横田(社2)を中心に得点を集めた関学。しかし、相手の長身Cを抑え切ることができず56-88で黒星を喫し、関カレを4回戦敗退に終わった。
試合後のコメント
主将・長井裕香(文4)「相手の長身Cをいかに止めるかが課題だったが、やはりそこで攻められてしまった。関学はそこまで身長が高い選手がいるわけでもないので5人で止めなければならない。今後もここは課題として練習を重ねて克服したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です