【バドミントン部男子】 実力差縮まるも敗北

 4月27日、龍谷大学にて平成25年度関西学生バドミントン春季リーグ戦大会第2戦(対龍大)が行われた。関学はダブルスで力の差を見せつけられ2ー3で龍大に敗れた。
試合後のコメント
主将・安田僚(社4)「思っていたより良い試合ができた。収穫もあった。昨年は龍大に0ー5で負けてしまったので、実力差は縮んでいると思う。けれどこのペースだと追いつけないので、高い意識を持っていかないといけない」

130427badminton.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です