【硬式野球部】 粘り見せるも勝ち点落とす

  4月21日、わかさスタジアム京都において平成25年度関西学生野球連盟春季リーグ戦が行われ、近大と対戦した関学は2ー4で敗れ、勝ち点を落とした。両者無得点で迎えた3回表、先発投手・井上(経4)が1死満塁の危機を迎えると、走者一掃の適時三塁打、さらにまたもや適時打を浴び、この回4点を失う。反撃したい関学は5回裏に宇都宮(経2)の適時三塁打で1点を返す。この後も幾度も走者を出すが、なかなか得点に結びつかない。8回裏に1死二、三塁の局面で、主将・山崎裕(経4)の適時打で1点を返し、なおも好機を迎えたが、後続が倒れ1点止まり。最終回は無得点に終わり、2ー4で近大に敗れた。
試合後のコメント
竹内監督「小さなミスが大量失点につながった。打線もフライを上げているばっかりだし、得点圏を迎えてもあと一歩が出ないのは詰めが甘いということ。優勝するためにはもう勝ち点を落とすわけにはいかないので、これから全てで勝ち点をなんとしてもとりたい」
主将・山崎裕貴「紙一重の差の試合内容だった。一つのミスから大量失点になってしまった。自分たちが気を引き締めてしたら防げるミスだった。打線は好機で一本出るかどうかが今の自分たちと近大の差だと思う。もう負けられないので、近大戦の敗戦を糧にこれから頑張りたい」

130421baseball.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です