【硬式野球部】 近大に完敗

 4月20日、わかさスタジアム京都において平成25年度関西学生野球連盟春季リーグ戦が行われ、関学は近大に2ー9と大敗を喫した。 2回、先発・永島(商4)が二死1、2塁から左前適時打を許し1点を先制される。続く3回には永島が完全に相手打線に捕まると、投手交代した新垣(経3)も連打を許すなどで、この回一挙6失点。さらに7回、4番手・田村(商3)が連打を浴びるなどし、2点の追加点を奪われる。追い付きたい関学は8回、一死2、3塁から籾山(経4)の適時二塁打で2点を返すも後続が続かず、2ー9で試合を終えた。

試合後のコメント
竹内監督「先制されたあとの回の好機に点が取れなかったことが敗因。永島は前の試合で好投していたので、今日も期待していたが、今日は球も抜けていて本調子ではなかった。打線は真っ直ぐ狙いをさせていたが、追い込まれからの勝負が多く、スライダーでことごとくやられてしまった」
主将・山崎裕貴(経4)「永島の修正ができず、3回に6失点してしまったことがとにかく痛かった。打線でも好機に打てず、リズムを持ってこられなかった。流れ一つで勝負が決まると痛感した試合だった。もう負けられない状況なので、明日は必ず勝てる野球をしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です